ホームページの作成費用

会社がホームページを開設するため、業者へ支払ったホームページの制作費用は、支出時に
一時の損金にできるかどうか迷うところです。


一般的なホームページは、会社の広告宣伝のため、会社の概要や製品等の情報を提供する
役割を担っています。
そのため、ホームページの内容は頻繁に更新されるものであり、制作費用の効果は1年に
及ばないと考えられます。
上記より、制作費用は、支出時に一時の損金として処理を行います。

ただし、下記の場合には、一時の損金とできないため、注意が必要です。
・ホームページの内容が更新されないまま使用期間が1年を超える場合
 その制作費用は、その使用期間に応じて償却することとなります。
・制作費用の中にプログラムが含まれている場合(オンラインショッピング機能など)
 プログラムの作成費用相当額については、無形固定資産として5年間で償却することと
 なります。

スタッフO