源泉所得税の納期について

源泉所得税の納期について、納期限の特例に関する届出が必要なくなりました。
つまり、納期限の特例に関する届出書を提出しなくても、源泉所得税の納期の特例の
適用を受ける事業者(半期納付の事業者)は、1月の納付期限が1月20日になります。

以前は、源泉所得税の納期の特例の承認に関する申請書のみを提出した場合には、
源泉所得税の納期限は、1月から6月分が7月10日、7月から12月分が1月10日でした。
源泉所得税の納期の特例の適用者は、さらに、納期限の特例に関する届出書を提出すること
により、1月10日の納期限を1月20日に先延ばしすることができました。

平成24年7月1日以後に支給する給与等から上記の適用があります。
今まで納期の特例の適用を受けているが、納期限の特例に関する届出を提出していない
事業者は、平成25年1月納付時より、納期限が1月20日となります。

スタッフO