貸借対照表と損席計算書

『貸借対照表』(英語でBlance SheetというのでB/Sと省略されます。)

「貸借対照表」は、、一定時点のおける会社の財政状況が表わされています。会社の全ての財産が明らかになっています。資産・負債・資本を一覧にしたものです。
「資産」(=財産)は、個人で言う財産と同じことです。現金や預金、建物、土地、備品などのことです。
「負債」(=債務)は、個人で言う借金と同じことです。借入金や買掛金、預り金、未払金などで会社が返済をしなければならないものです。
「資本」(純財産)は、「資産」と「負債」との差額、純財産のことをいいます。資本金、剰余金などのことです。元手のお金と会社が稼いだお金の合計になります。

貸借対照表は、左右に分かれています。左側の資産と右側の負債(右上)と資本(右下)の合計が一致します。右側と左側の合計が必ず一致することから「貸借対照表」といわれています。

『損益計算書』(英語でProfit and Loss StatementというのでP/Lと省略されます。)

「損益計算書」は会計期間の収益と費用を集計してその差額を算出して利益や損失を計算するものです。収益・費用とその差額の当期純利益または、当期純損失を一覧にしたものです。
「収益」は、儲けを表します。商品の販売による売上などです。結果として会社のお金が増えるので、純資産である資本が増加することになります。
「費用」は、経費のことです。商品の仕入や給与、交通費、電話代、リース代などがあります。結果として会社のお金が減るので資本が減少することになります。
「純利益」「純損失」は、収益から費用を引いた利益(赤字の場合は純損失)。

損益計算書は、左右に分かれています。左側の収益から右側の費用を引くことで「純利益」か「純損失」を計算できます。
収益が、費用を上回る場合は(黒字の場合)、左側に純利益を記入し、収益が費用を下回る場合は(赤字の場合)、右側に純損失を記入します。

スタッフ:I