会社設立の事なら名古屋の阿部正成会計士税理士事務所 > 会社法 > 【株式会社の設立手続−定款(絶対的記載事項)】

【株式会社の設立手続−定款(絶対的記載事項)】

株式会社の設立に際して、発起人は定款を作成しこれに署名しなければなりません。
定款は株式会社の組織・運営に関する基本的な規則であり、会社の憲法のような意味合いのものです。
また定款は、作成するだけではなく公証人の認証を受けなければ有効とはなりません。
この定款の記載事項には、必ず記載しなければならない「絶対的記載事項」というものがあります。この「絶対的記載事項」の記載がないか、又は記載が違法な内容ものである場合には、定款が無効となるのみならず会社の設立自体も無効となるので極めて重要な項目です。
「絶対的記載事項」には、次のような項目があります。
@目的
会社の事業内容です。もちろん複数の目的を定めることも可能です。但し、実務的には定款に記載
する目的の文言に注意が必要です。どんな表現でも認められるわけではなく、その事業内容を適切
に表示していなければなりません。そのため、どのような表現にするかなどについては、司法書士
などの専門家に相談されることをお勧めします。
A商号
会社の名称です。従来は類似商号の制限がありましたが現在は撤廃されましたので基本的には自由
に名称を選択することができます。但し、広く世間に認知されている会社名と混同されうるような
名称については制限されます。また。従来は認められていなかったローマ字や記号も商号に使用で
きるようになりました。
B本店所在地
会社の本店を置く住所地です。但し、定款上は例えば「名古屋市中区に置く」という段階までの記
載でも足ります。これに対して、登記上は番地まで含めた正式な本店所在地を登記することになり
ます。
C設立に際して出資される財産の価額又はその最低額
会社の設立に際して出資される財産の金額です。金銭出資(金銭による払込)か現物出資(金銭以
外、例えば土地や車両などの物による払込)いずれも場合でもその金額を記載します。