青色申告特別控除とは?

所得税等の確定申告の準備はお進みでしょうか?
今回は、青色申告の届出をしている場合に受けることができる「青色申告特別控除」に
ついて説明します。

青色申告者に対してはいろいろな特典がありますが、そのうちの一つに所得金額から
最高65万円 又は 10万円を控除できる青色申告特別控除があります。

(1) 65万円の青色申告特別控除
  この65万円の控除が受けられるための要件は、下記のようになっています。
  @ 不動産所得又は事業所得を生ずべき事業を営んでいること
  A 上記の所得に係る取引を、正規の簿記の原則(一般的には複式簿記)により
    記帳していること
  B Aの記帳に基づいて作成した貸借対照表及び損益計算書を確定申告書に添付し、
    この控除の適用を受ける金額を記載して、法定申告期限内に提出すること

  (注)・現金主義によることを選択している人は、65万円の青色申告特別控除を受ける
      ことはできません。
     ・不動産所得の金額又は事業所得の金額の合計額が65万円より少ない場合には、
      その合計額が限度になります。
      ただし、この合計額とは損益通算前の黒字の所得金額の合計額をいいますので、
      いずれかの所得に損失が生じている場合には、その損失をないものとして
      合計額を計算します。
     ・不動産所得の金額、事業所得の金額から順次控除します。

(2) 10万円の青色申告特別控除
 この控除は、上記(1)の要件に該当しない青色申告者が受けられます。

  (注)・不動産所得の金額、事業所得の金額又は山林所得の金額の合計額が10万円より
      少ない場合には、その金額が限度になります。
      ただし、この合計額とは損益通算前の黒字の所得金額の合計額をいいますので、
      いずれかの所得に損失が生じている場合には、その損失をないものとして
      合計額を計算します。
     ・不動産所得の金額、事業所得の金額、山林所得の金額から順次控除します。


例えば65万円の備品を購入したとしても、会社の資金が減り、その年に全額を必要経費に計上する
こともできません。(10万円以上の備品については、原則として、購入額を減価償却により
何年間かで経費計上していくことになります)
年間65万円(又は10万円)を所得から控除できる青色申告特別控除は、節税に有効です。
現在、市販のソフトなどを使用すると、簡単に複式簿記の帳簿を作成できますので、
青色申告を行っていない方は検討されたほうがよいでしょう。

スタッフO