会社設立の事なら名古屋の阿部正成会計士税理士事務所 > 所得税 > 東日本大震災への義援金等の税額控除について

東日本大震災への義援金等の税額控除について

個人の方が東日本大震災への義援金等を支出した場合には、その義援金等が国又は
地方公共団体に対する寄附金や財務大臣が指定するものなど一定のものであるときは、
「特定寄附金」に該当し、寄附金控除(所得控除)の対象となります。

また、特定寄附金のうち下記の「特定震災指定寄附金」に該当するものは、
寄附金控除との選択により、税額控除の適用を受けることもできます。
<特定震災指定寄付金>
 @ 社会福祉法人中央共同募金会の「災害ボランティア・NPO活動サポート募金」として
   直接寄附した義援金等
 A 認定NPO法人に対し、東日本大震災の被災者支援活動に特に必要な費用に充てるために
   行った寄附金(その募集に際し、国税局長の確認を受けたものに限る)

特定震災指定寄附金を支出した場合、次の算式で計算した金額を直接所得税の額から
控除することができます。
ただし、所得税額から控除する特定震災指定寄附金特別控除額は、所得税の25%
相当額が限度です。
 
 特定震災指定寄附金特別控除額=(特定指定寄付金の額の合計額−2千円)×40%
  
  (注) 特定震災指定寄附金の額の合計額は、所得金額の80%相当額が限度です。
     ただし、その年中に「特定震災指定寄附金以外の寄附金の額」がある場合には、
     所得金額の80%相当額から特定震災指定寄附金以外の寄附金の額を控除した
     残額が限度となります。
     ※ 特定震災指定寄附金以外の寄附金の額は、震災関連寄附金以外の寄附金の額
      (所得金額の40%相当額が限度です)と震災関連寄附金(特定震災指定寄附金を
       除きます)の額の合計額をいいます。


特定震災指定寄付金に該当する義援金等を支出されている方は、寄付金控除(税率を
乗ずる前の所得金額から控除する方法)と税額控除(直接所得税額から控除する方法)の
いずれか有利な方を選択した上で、確定申告を行うことになります。

スタッフO