会社設立の事なら名古屋の阿部正成会計士税理士事務所 > 所得税 > 源泉徴収のしくみ(会社員の税金)

源泉徴収のしくみ(会社員の税金)

源泉徴収とは、どんなしくみになっているのか?
所得税が天引きされることです。

所得から税金が天引きされるとは?

会社員は、毎月の給料から所得税などの税金が天引きされています。
ですから、自営業者のように毎年3月15日までに1年間の所得金額を計算して確定申告書を税務署に提出したり、税金を納める必要はありません。同じように、住民税も毎月給料から天引きされているため住民税の納付書が送付されたりしません。(普通徴収を選択している場合には、各個人に納付書が送付されますので、各自で納付となります。)
このように、給与や報酬など特定の所得を支払う者(会社員なら会社)が、その支払い時にあらかじめ税金分を差し引くことを『源泉徴収』といいます。
あらかじめ天引きされた所得税のことを「源泉所得税」といい、源泉徴収する者を「源泉徴収義務者」といいます。
本来、個人の所得税などは納税者が自ら申告をして納付する(申告納税制度)のが建前ですが、会社員の給与などについては「源泉徴収制度」が設けられていて、源泉徴収義務者である会社が税金を徴収することになっています。
源泉徴収された税金は、所得税の概算的な前払いですので、最終的に確定申告時(一般的な会社員の場合は年末調整で)清算されます。

源泉徴収の対象は?

源泉徴収は会社員の給与だけが対象ではありません。
その対象となるのもは、給料、賞与をはじめ利子、配当、報酬・料金など特定の所得です。
報酬・料金とは、講演料、原稿料や弁護士、税理士、司法書士などに支払う手数料のことです。

スタッフ:I