税額表の見方について

会社を設立し、給与支払事務所等の開設報告書を税務署に提出をすると、
税務署から封筒が届きます。
源泉所得税の納付書のほか、源泉徴収税額表が入っています。
源泉徴収税額表は、毎月の給与から徴収する所得税額を算出する場合に使用します。
今回は、その源泉徴収税額表の見方を記載します。

源泉徴収税額表は、月額表と日額表のほか、賞与に対する源泉徴収税額の算出率の表が
記載されています。

【税額表の使用区分】
月額表を使用する給与等の支給区分
 @ 月ごとに支払うもの
 A 半月ごと、旬ごとに支払うもの
 B 月の整数倍の期間ごとに支払うもの

日額表を使用する給与等の支給区分
 @ 毎日支払うもの
 A 週ごとに支払うもの
 B 日割で支払うもの
   @ABについて日雇賃金を除きます
 C 日雇賃金
   ※ 日雇賃金とは、日々雇い入れられる人が、労働した日又は時間によって算定され、
     かつ、労働した日ごとに支払を受ける(その労働した日以外の日において
     支払われるものも含みます)給与等をいいます。ただし、一の支払者から
     継続して2か月を超えて給与等が支払われた場合には、その2か月を超える
     部分の期間につき支払われるものは、ここでいう日雇賃金には含まれません。

賞与に対する源泉徴収税額の算出率の表を使用する給与等の支給区分
 @ 賞与


表の甲欄か乙欄のどちらを使用するかは、下記によります。
甲欄……「給与所得者の扶養控除等申告書」を提出している人に支払う給与等
乙欄……そのほかの人に支払う給与等


【税額表の使い方】
毎月(日)の給料や賞与などの支給の際における税額表の使用に当たっては、次の点に
注意してください。
(1)税額表に当てはめる給与等の金額は、その月(日)分の給与等の金額から厚生年金保険料、
  健康保険料及び雇用保険料などの社会保険料等を控除した後の金額によります。
(2)税額表は、給与等の支払を受ける人の扶養親族等の数に応じて使用するようになって
  います。
  この「扶養親族等の数」とは、控除対象配偶者(老人控除対象配偶者を含みます)と
  控除対象扶養親族(老人扶養親族又は特定扶養親族を含みます)との合計数をいいます。
  また、給与等の支払を受ける人が、障害者(特別障害者を含みます)、寡婦
  (特別の寡婦を含みます)、寡夫又は勤労学生に該当する場合には、その該当する
  数を加え、その人の控除対象配偶者や扶養親族(年齢16歳未満の人を含みます)の
  うちに障害者(特別障害者を含みます)又は同居特別障害者に該当する人がいる場合には、
  これらの一に該当するごとに扶養親族等の数に1人を加算した数を扶養親族等の数とします。

【税額の求め方】
給料や賞与などから源泉徴収する税額は、「給与所得の源泉徴収税額表」(月額表及び
日額表)又は「賞与に対する源泉徴収税額の算出率の表」を使用して求めます。
なお、給与等の支払者が電子計算機などの事務機械によって給与等の計算を行っている
場合には、月額表の甲欄を適用する給与等については、財務大臣が告示する方法により
その給与等に対する源泉徴収税額を求めることができます。


月額表で実際に源泉所得税額を算出する手順
@ 「給与所得者の扶養控除等申告書」の提出があるか確認する
A 社会保険料等控除後の給与等の金額を求める
B 月額表の「その月の社会保険料等控除後の給与等の金額」欄のAの金額が含まれる行を
  確定します。
  @の提出がある場合、@の記載内容から求めた「甲」の「扶養親族等の数」の欄と
  交わるところに記載されている金額が、徴収する源泉所得税額となります。
  @の提出がない場合、「乙」の欄と交わるところに記載されている金額が、徴収する
  源泉所得税額となります。

スタッフO