消費税の総額表示

平成16年4月1日以降は、事業者が一般の消費者(取引の相手)に対し、商品の販売、サービスの提供を行う場合には、表示価格に消費税を含めた金額を提示することが義務付けられています。

事業者によって表示方法はちがいますが、消費税を含む支払の金額が表示されていれば問題ありません。

<表示の例>
 10,500円
 10,500円(税込)
 10,500円(本体価格10,000円)
 10,500円(内消費税500円)
 10,500円(本体価格10,000円、消費税等500円)など

総額表示の対象となる価格表示は、商品につけたり、添付する値札等による表示、チラシや広告、店頭での表示(値札、ポスター、ポップ等)などです。

消費者に対して行う価格の表示は、どのような方法(媒体)で行われるかを問わず、総額表示の対象になります。

スタッフ:I