個人の住民税って?

住民税には、法人住民税と個人住民税の2つがあります。

個人住民税は、道府県民税(東京都は都民税)と市町村民税(東京都23区は特別区民税)からなっています。ですから、一般に住民税と呼んでいるものは、道府県民税と市町村民税を合わせたものです。
個人住民税は、その年の1月1日現在の住所地で、前年の1月から12月までの1年間の所得に対して課税されます。

住民税の徴収には、普通徴収と特別徴収があります。
給与から住民税を差し引かれていない人や、自営業の人には、「住民税の納税通知書と納付書」が毎年6月初旬頃に市町村から各自宅へ郵送されます。その通知された金額を4回に分けて納めます。
このように、個人で納める方法を「普通徴収」といいます。
これに対し、会社員については(全ての会社員ではありません)、一般的に「住民税の税額通知書」が毎年5月初旬頃に会社宛に市町村から郵送されてきます。
会社は、郵送されてきた通知書の税額を毎月の給与から天引し市町村へ納めます。このように給与から天引し、会社が納める方法を「特別徴収」といいます。