歯科治療費の医療費控除について

所得税の確定申告において、1年間に支払った医療費が10万円以上の場合に、控除が受けられます。
(所得金額によっては、10万円未満でも受けられる可能性があります)

医療費控除の対象となる医療費は、病院の医療費はもちろん、通院に利用した公共機関やタクシー代も含まれます。ただし自家用車で通院したときの駐車場代やガソリン代は対象外です。

医療費の中には、健康保険がきかない自由診療のものがあります。歯科の場合、インプラント治療や歯列矯正治療です。
美容目的ではなく、治療が目的であれば、自由診療の場合でも医療費控除の対象となります。

上記の治療は金額が高額になることが多いため、医療費控除を受けられる可能性が高いです。

1年間に支払った医療費の領収書の金額を、一度集計してみてはいかがでしょうか?