おむつ使用と医療費控除

テレビで成人用おむつのCMを見ました。
機能性がアップしたり、種類も豊富になってきたようです。

さて、この成人用おむつですが、一定の条件を満たすとおむつ代が医療費控除の対象となります。

それはおむつの使用者が、

6ヶ月以上寝たきりの状態で、治療上おむつの使用が必要であると医師が認めた者  

である場合です。

そして医療費控除を受けるためには、

医師が記載した「おむつ使用証明書」と、おむつ代の領収書が必要となります。

なお、「おむつ証明書」にこのような記載があります。

おむつ代の領収書は、患者の氏名及び成人用のおむつ代であることが明記されたものであることが必要です。

ですので成人用おむつ購入時に領収書を発行してもらう場合、上記の要件を満たす記載をしてもらいましょう。

もちろん、医療費控除の対象となるおむつ代があっても、医療費控除を受ける要件を満たさない場合(他の医療費と合算した額が少額であった場合など)は、医療費控除は受けられないことになります。