会社設立の事なら名古屋の阿部正成会計士税理士事務所 > 所得税 > サラリーマンで確定申告が必要な人

サラリーマンで確定申告が必要な人

平成21年度の所得に係る確定申告の時期が近づきました。
申告書の提出期間は、平成22年2月16日から3月15日です。

還付申告については、2月16日より前から、お住まいの住所の
所轄税務署にて受け付けていますので、混雑する前に申告する
ことをおすすめします。
(税務署によっては、別の場所でも申告を受け付けている
場合があります。)


所得税の確定申告は、勤務先で年末調整が終わっていても、
1ヶ所の給与以外で20万円超の収入がある方は
原則として確定申告が必要となります。

一例としては、勤務先が2ヶ所以上ある方や年金収入、
不動産の賃貸収入がある方などです。

ただし、法人税法に規定する同族会社の役員の方は、
その同族会社から不動産収入を受けている場合は、
20万円以下でも確定申告が必要となりますので、
ご注意下さい。


(サラリーマンで確定申告が必要な人の参照)
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1900.htm