法人の種類

■株式会社
会社法が変わり類似照合がなくなり設立期間がぐっと短くなりました。資本金も1円からで大丈夫!取締役1名・監査役なしで株式会社を設立できるようになりました。

■合同会社
合同会社とは株式会社にして起業するには少し自信がない。
でも合資・合名ではあまりにも社会的信用がなさすぎる。
そんな方に適している法人組織です。
法人税も適用されるため株式会社となんら遜色はありません。
海外では一般的で、事業が起動に乗ってから株式会社にする方法が最適かもしれません。

■合名会社
会社の債務について債権者に対し、その出資額の如何に関わらず直接無限の責任を負う社員(無限責任社員)のみで構成。
出資者は1名以上。
ちなみに持分会社とは『合名会社・合資会社・合同会社(LLC)』、これら各会社の総称になります。

■合資会社
合資会社とは、無限責任社員と有限責任社員の両方から構成されている会社のことです。
法人化して税金対策をしたいという場合、会社名で
商売しない職種(飲食店、理美容)に適しているかもしれません。

■LLP
リミテッド・ライアビリティ・パートナーシップ (Limited Liability Partnership; LLP) =有限責任事業組合
最大のメリットは、「構成員課税(パススルー課税)」が認められたことです。
法人等の利益に対して課税せず、その構成員の所得に対して課税する課税制度のこと。構成員課税とも呼ばれる。

■一般社団財団法人
会社法が変わったことにより、一般社団法人が会社のように法務局への手続きのみで設立できるようになります。
一定の要件を充たせば、法人税法上の優遇制度があります。

■NPO
「NPO(NonProfit Organization)」とは、ボランティア活動などの社会貢献活動を行う、営利を目的としない団体の総称です。
社団法人の一種として、NPO法に基づいて都道府県または内閣府の認証を受けて設立された法人のことをいいます。